コンコルディア・フィナンシャルグループについて

横浜銀行と東日本銀行は、2016年4月に経営統合し、両行の持株会社である「株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループ」を設立しました。

経営理念

グループ各社の強みと特色を活かし協働することにより、お客さまに対する最高の金融サービスの提供を通じて、地域の発展とともに企業価値の向上をめざし、信頼される金融グループとして、活力ある未来の創造に貢献します。

めざす姿

地域金融機関としてお客さまとの深いリレーションを保ち、経営統合による広域ネットワークを最大限活かした幅広く質の高い金融サービスや地域情報を提供することにより、信頼される金融グループをめざします。

グループスローガン

One Heart for You ~こころをあわせて

中期経営計画はこちら

コンコルディア・フィナンシャルグループのサイトへ移動します

統合のメリット

  1. 1都6県にまたがる広域な店舗・ATM網により、お客さまの利便性が向上します。

  2. 東日本銀行のATMを横浜銀行のお客さまが利用される場合、時間帯によってはご利用手数料が無料となります。

  3. 首都圏を中心としたさまざまな情報の活用により、ビジネスマッチングなどの機会が広がります。

  4. 産業調査やコンサルティングといったシンクタンク機能など、グループ会社の機能を活用し、お客さまの多様なニーズにお応えします。

  5. 両行の共同店舗の設置など、店舗網の拡充を進めており、より便利にお使いいただけるようになります。

グループ経営の体制図

持株会社(コンコルディア・フィナンシャルグループ)は、グループの重要な経営方針の意思決定機能と経営全般の監督機能を担い、子会社(横浜銀行、東日本銀行)は業務執行に専念し、機能・役割を明確化します。

コンコルディアグループの一員として、横浜銀行は東日本銀行と対等な協力関係にある

はまペン(横浜銀行)と ポンくま(東日本銀行)

CSR

横浜銀行は、コンコルディア・フィナンシャルグループの一員として、社会に貢献し、地域の発展と一体となって発展することをめざしています。

CSRのページはこちら

コンコルディア・フィナンシャルグループのサイトへ移動します

ブランド戦略

横浜銀行は、お客さまのニーズが多様化し、他の金融機関との競争もますます激しくなる中、中長期的に“選ばれ続ける銀行”となるために、めざす姿や提供したい価値を明確にお伝えしていくことが重要と考え、ブランド戦略を展開しています。

コンコルディアグループの一員として、横浜銀行は東日本銀行と対等な協力関係にある

コンコルディア・フィナンシャルグループ採用ページ

コンコルディア・フィナンシャルグループのサイトへ移動します